AIGP

『人を斬らぬ刀-今の世に刀は必要ですか?-』

剣術×演劇!?現代を生きる武士の姿をリアルに描いた社会派コメディ
途絶え行く伝統・・・現代のサムライが取った行動とは?

【物語】
剣術道場の師範である時任守は苦渋の選択を迫られていた。江戸時代より先代から続く流派が今、壊滅の危機にさらされているのだ。新しい入門者がいないのである。コロナ禍を終え、多くの人が再び日本の侍に注目する中、剣術のみが忘れ去られ、道場は以前以上に寂しい状況である。しかし、その美しさを広めようにも技は門外不出という代々から続く掟があり、公の宣伝が出来ない。時任は周りの反対を押し切り、公での演武披露を企画するが・・・。

日本の伝統武術が現代に抱える問題点が明確になっていく。今の時代になぜ伝統武術は受け継がれ、そして何を守っていくべきなのか?演劇と伝統武術がコラボしたヒューマンコメディ!
キーワード:コメディ、真剣、伝統、後継者問題、高校生、大学生、シニア

依頼内容:プロデュース・脚本・演出・制作・物販(MTC project / 株式会社MTC)

【公演歴】
2017年12月 プロデュース公演@OVAL THEATER
2018年6月~2019年5月 街ゲキロングラン公演@日本殺陣道協会
2019年7月 リバイバル公演@日本殺陣道協会
2021年8月〜12月 人を斬らぬ刀2021@日本殺陣道協会
2022年11月 人を斬らぬ刀2022@学働館

実績一覧に戻る